50歳を過ぎた社員の活かし方

長い下積みをしてきたベテラン社員

ベテランと呼ばれる社員は入社依頼長い年月を会社で過ごし、頑張ってきた人たちです。
長い間会社のために汗を流して、モノを作ったり、売ったりして働きながら会社を支えてきました。現場でモノを作ってきた人であればものづくりのノウハウや職人的な技を習得してきました。営業をやってきた人であれば、身だしなみや挨拶に始まり名刺の渡し方、訪問時のマナーに始まり商談のやり方や戦略のねり方、戦術についてなどあらゆる状況においてどうすれば良いかを実践の中から習得してきました。謂わば、これらのベテラン社員の人は会社の業務の集大成です。多くの社員が年月を費やして死にものぐるいで勉強してきた蓄積が見えないところで会社を支えています。

会社の成長はベテラン社員をどう活かすか!

会社に努めて25年以上経つ50歳を過ぎた貴重な社員。
企業は50歳を過ぎた社員を活かすことができるかどうかで、将来が大きく変わります。ベテラン社員の扱いをうまく活用するか、追いやってしまうかでは後の業績にも影響を及ぼすでしょう。なぜなら、ベテラン社員が会社のことについて一番良く知っています。社員という目線から見た、経営者には感じたり気づいたりすることが出来ない従業員の繊細な気持ちも知っています。ベテラン社員には講師となってもらい、業務や社会でのマナー、ものづくりに関するノウハウについての教育をしてもらったり、カウンセラーとして社員の悩み事について相談を聞いてもらうのも良いでしょう。そうすることにより会社組織がより強固なものになります。